“離婚は躊躇しない”が大半…妻の「結婚感」なぜ変わった?

公開日:

 女性が家庭を守る時代は終わった――。博報堂生活総合研究所の行った調査「家族・夫婦の価値観」で、「夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がいい」と答えた夫婦は過去30年で最低を記録したという。

 特に妻側の意識は大きく変わり、1988年の59.7%から2018年は24.4%に半減している。

 男女問題研究家の山崎世美子氏は言う。 

「30年前に働き盛りの夫を支え、子育てをして家庭を支えてきた妻の中心は現在70代を迎える世代です。当時は、実質的にほとんどの女性は社会進出できていなかった。夫に『誰が飯を食わせているんだ』と言われても反論できない状況でした。親族の結束も強く、自分たちの祖母や母も我慢していたのを見て育っている。その上、離婚に対する世間の目も厳しかった。生活するためには夫と別れることなど考えられなかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る