男の暑さ対策で人気 「ゴーストソックス」で足首を冷やす

公開日:

 暑さ対策で百貨店の紳士服売り場には20~30代のサラリーマンの姿が増えている。全体で売り上げ増が顕著だったのは「日傘」。西武池袋本店では、晴雨兼用のUV加工が施されたタイプが、前年同期比(7月3週目)150%の売り上げだという。

「紳士用の暑さ対策商品で伸び率が顕著なのは小物類です。たとえば、近年スーツのズボンの裾を短めにするのがはやりましたが、今年はさらにゴーストソックスをビジネスで使う方が増えています。足首を出せるため涼しく、昨年同期比(同)130%の売り上げです」(紳士服飾部メンズスーツ&パーツゾーン店長の粂剛史さん)

 綿素材で、足裏部分に穴を開けたデザインの靴下も出ている。肌着も全体で昨年同期比(同)120%と順調だ。

「DEOEST(デオエスト)」シリーズのアンダーシャツは、汗の主成分のアンモニア臭を30秒で取り込む。涼感に加え、消臭スピードが速いのがウリ。売り場に行って自分の目で確かめてみよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る