母方の祖父が薄毛なら…“予備軍”が知るべき4つのポイント

公開日:

 夏は髪に大敵だ。皮脂分泌量は冬の2倍と1年のうちで最も頭皮に負担がかかる季節という。だが、間違ったセルフケアをすれば逆効果。薄毛や細毛、頭皮の悪臭やベタつきにつながってしまうという。

 先日、悩めるサラリーマンを対象にした「メンズ スカルプケア セミナー」が開催された。興味深かったのは、薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)について。日本人の3人に1人が発症するとみられているが、将来的になるかどうかを見極める方法があるという。主催者でヘッドスパ専門店「CARINA GINZA」代表の横関洵子さんが言う。

「1つ目は、母方の父親(祖父)の髪が薄かったかどうかです。AGA関連遺伝子は母親から受け継ぐX染色体上にあるため、父親のアタマは関係ありません。2つ目は、高校生のころに比べて生え際が1.5センチ後退しているか、です。額が広くなっていたら赤信号ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る