炎天下でも制服着用 警察官と消防士が実践する服装と訓練

公開日:

警察官

 外で働くのが当たり前の職業は、炎天下でも嫌だなんだと言っていられない。そのうえ、制服着用となればなおさら猛暑はつらいはずだが、彼らはどうやってしのいでいるのだろう。

 警視庁は昨年から新しい試みを始めている。隅田川花火大会で、雑踏警備にあたる機動隊員向けに保冷剤入りのベスト1000着を導入したそうだ。通気性のいいメッシュ素材の製品で、背中と両脇の内ポケットに保冷剤を入れられるスグレモノ。市販もされているが、複数のネットショップで在庫切れとなっている人気商品だ。これで体を2~3時間程度冷やせるという。

 ただ、組織全体としては、マニュアルはないようで、「現場の各自の判断に任せている」(広報担当者)と言う。

 現場の警察官はどうしているのか。6月から9月末までは夏服を着用し、水色のワイシャツにベストが一般的なスタイルとなるが、元警視庁刑事の吉川祐二氏は現役時代をこう振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る