• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラジカル鈴木さん<3>1500円の小遣いで新橋にお使いに

「新橋の烏森神社のあたりに3時で」

 飲むのが好きな社長は担当の編集者とそんな約束を交わし、仕事を終えると飲み屋に繰り出すのが日課だった。

 バブル真っ盛りの1985年、平均株価は、89年につけた3万8915円に向けて一本調子で上がっていった。イケイケムードを感じたのは、こなしてもこなしても降ってくる仕事量と拘束時間の長さくらいで、自分の景気がいいと感じたことはなかった。それでも、「ご飯を食べさせてくれるならいいか」と眠い目をこすって、社長と編集者の飲み会について行くこともあった。

「担当編集者は徳間書店の方で、徳間は当時、新橋に会社がありました。レイアウト用紙が出来上がると、明け方に新橋の徳間書店に届けに行くときは、社長が1500円くれたんです。タクシー代とメシ代込みで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る