ラジカル鈴木さん<3>1500円の小遣いで新橋にお使いに

公開日:

「新橋の烏森神社のあたりに3時で」

 飲むのが好きな社長は担当の編集者とそんな約束を交わし、仕事を終えると飲み屋に繰り出すのが日課だった。

 バブル真っ盛りの1985年、平均株価は、89年につけた3万8915円に向けて一本調子で上がっていった。イケイケムードを感じたのは、こなしてもこなしても降ってくる仕事量と拘束時間の長さくらいで、自分の景気がいいと感じたことはなかった。それでも、「ご飯を食べさせてくれるならいいか」と眠い目をこすって、社長と編集者の飲み会について行くこともあった。

「担当編集者は徳間書店の方で、徳間は当時、新橋に会社がありました。レイアウト用紙が出来上がると、明け方に新橋の徳間書店に届けに行くときは、社長が1500円くれたんです。タクシー代とメシ代込みで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る