ラジカル鈴木さん<5>91年にマックのⅡcxを300万円で購入

公開日:

 元の事務所の社長の背中から、仕事は断らないことを学んだ。紹介の紹介で話を受けると、どこでも話を聞きに行き、仕事につなげた。

「そうやって仕事の幅が広がっても、自分が描きたいイラストはなかなか描けませんでした。でも、仕事とプライベートの時間配分を自由に組めるのはフリーの醍醐味。それは大きくて、少しずつ時間を見つけては、自分が描きたいものを描くようにしていったんです」

 仕事が増えると、出入りする事務所も増える。1年ほどで元の事務所との関係が薄れていくと、その分、ほかの事務所との結びつきが強くなる。

「“なんでも屋”として仕事を頑張ったのがよかったのか、どこの事務所の方にも気に入られて、よく『ウチに来ない?』と社員の勧誘を受けました。中には、準社員みたいな感じで、社員旅行に連れて行っていただいたところもあったんです。その社長としては、“囲い込み”の一環だったのかもしれませんが、社員になることだけは丁重にお断りしました。受けてしまったら、どん底の拘束生活に舞い戻ってしまう。誘いを避けるべく、モチベーションを保つための作業が、自分のイラスト制作だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る