ラジカル鈴木さん<5>91年にマックのⅡcxを300万円で購入

公開日:

 元の事務所の社長の背中から、仕事は断らないことを学んだ。紹介の紹介で話を受けると、どこでも話を聞きに行き、仕事につなげた。

「そうやって仕事の幅が広がっても、自分が描きたいイラストはなかなか描けませんでした。でも、仕事とプライベートの時間配分を自由に組めるのはフリーの醍醐味。それは大きくて、少しずつ時間を見つけては、自分が描きたいものを描くようにしていったんです」

 仕事が増えると、出入りする事務所も増える。1年ほどで元の事務所との関係が薄れていくと、その分、ほかの事務所との結びつきが強くなる。

「“なんでも屋”として仕事を頑張ったのがよかったのか、どこの事務所の方にも気に入られて、よく『ウチに来ない?』と社員の勧誘を受けました。中には、準社員みたいな感じで、社員旅行に連れて行っていただいたところもあったんです。その社長としては、“囲い込み”の一環だったのかもしれませんが、社員になることだけは丁重にお断りしました。受けてしまったら、どん底の拘束生活に舞い戻ってしまう。誘いを避けるべく、モチベーションを保つための作業が、自分のイラスト制作だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る