池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

日傘男子より帽子紳士 夏には「パナマハット」のススメ

公開日: 更新日:

 まだまだ暑い日が続くが、噴き出す汗は乾く間もない。機能素材のアンダーウエアを着たところで暑さが軽減されるはずもなく、冷却スプレーや汗拭きシートなどで対抗しても限界がある。だが今夏は「男の日傘」なる、新たなアイテムが世間から認知を得た。クールビズのイノベーションだ。「日傘男子」なる言葉も登場する時代。「男の日傘なんて、深窓の令嬢じゃあるまいし」と思っているのは頭のカタいオジサンだけで、「男性が日傘を差すことは気にならない」とする回答が87%を占めたというデータもあるほど、意外や若者や女性からは好印象らしい。

 日傘はすでに男女を問わないジェンダーレスなアイテムとして、「賢く日陰をつくり出す便利な道具」という認識だ。確かにオフィス街を眺めていると、チラホラ「日傘紳士」を見かけるようになった。だが、いかんせん、傘の品質は「男のギア」のレベルに追いついてはいない。「遮光生地を使った安価な大量生産の傘」では、男の持ち物として物足りないのだ。紳士の持ち物には“こだわり”が必要で、歴史と伝統ある職人仕事の日傘が登場すれば、持ってみようという気にもなるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る