池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

ジャケット脱いだら気にすべきはベルト 「正しい位置」は

公開日:

 クールビズ期間中、女性は「男性のベルトが気になる」という。女性にとって、ベルトはスタイルよく見せる重要なアクセサリーだけに、男性よりも気になるもの。言うまでもなくベルトはパンツがずり落ちないように留める機能が主だが、実はウエスト位置を示して、自分のスタイルをアピールする役割も担っている。ベルトをする腰位置が正しいところにないと、足が短く見えたり、お腹の太さが強調されてしまうことを先輩諸氏にはもっと気にしていただきたい。 

 既製服が広まる以前、仕立服に横通しのベルトはなかった。統一規格のパンツを、自分のウエストに合わせてサイズ調整するためにベルトが広まったのだ。そのため昔のオーダーパンツは、ベルトを通すためのループを取り付けず、サイドアジャスターで微調整する。最近では既製のパンツでも、オーダーパンツのような「ベルトレスパンツ」が登場している。ベルトレスは必然的に正しい位置にウエストが留まるため、ジャストフィットすれば、ベルトをするよりもスタイリッシュにはける。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る