塩田武士さん<4>対局に敗れた羽生善治がカラオケを熱唱

公開日: 更新日:

 2008年の王位戦、有馬温泉の旅館をワンフロア借り切り、羽生善治と深浦康市が対局していた。

「2日間かけて1局の勝負をするので、負けた時の精神的な負担は大きい。この時の敗者は羽生さんでした。対局後に開かれる食事会は負けた人も来るのですが、担当者は気軽に声も掛けられません。ただ、現場を知らない編集局の幹部は、励まさないといけないと思ってか、『羽生さん、カラオケ行きましょう』と声を掛けたんです。僕は血の気が引いたんですが、羽生さんは『ええ』とおっしゃいました」

 旅館内のカラオケルームに一緒に行った。

「負けたからでしょうか、『ギザギザハートの子守唄』と『津軽海峡・冬景色』を歌っていました。羽生さんの器の大きさを感じました。僕が将棋を題材にした『盤上のアルファ』でデビューしたことも知ってくださっていて、お会いした際に『小説、最近どうですか』と声を掛けてくれたり。本当にいい人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る