塩田武士さん<4>対局に敗れた羽生善治がカラオケを熱唱

公開日:

 2008年の王位戦、有馬温泉の旅館をワンフロア借り切り、羽生善治と深浦康市が対局していた。

「2日間かけて1局の勝負をするので、負けた時の精神的な負担は大きい。この時の敗者は羽生さんでした。対局後に開かれる食事会は負けた人も来るのですが、担当者は気軽に声も掛けられません。ただ、現場を知らない編集局の幹部は、励まさないといけないと思ってか、『羽生さん、カラオケ行きましょう』と声を掛けたんです。僕は血の気が引いたんですが、羽生さんは『ええ』とおっしゃいました」

 旅館内のカラオケルームに一緒に行った。

「負けたからでしょうか、『ギザギザハートの子守唄』と『津軽海峡・冬景色』を歌っていました。羽生さんの器の大きさを感じました。僕が将棋を題材にした『盤上のアルファ』でデビューしたことも知ってくださっていて、お会いした際に『小説、最近どうですか』と声を掛けてくれたり。本当にいい人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る