• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩田武士さん<4>対局に敗れた羽生善治がカラオケを熱唱

投稿日:

 2008年の王位戦、有馬温泉の旅館をワンフロア借り切り、羽生善治と深浦康市が対局していた。

「2日間かけて1局の勝負をするので、負けた時の精神的な負担は大きい。この時の敗者は羽生さんでした。対局後に開かれる食事会は負けた人も来るのですが、担当者は気軽に声も掛けられません。ただ、現場を知らない編集局の幹部は、励まさないといけないと思ってか、『羽生さん、カラオケ行きましょう』と声を掛けたんです。僕は血の気が引いたんですが、羽生さんは『ええ』とおっしゃいました」

 旅館内のカラオケルームに一緒に行った。

「負けたからでしょうか、『ギザギザハートの子守唄』と『津軽海峡・冬景色』を歌っていました。羽生さんの器の大きさを感じました。僕が将棋を題材にした『盤上のアルファ』でデビューしたことも知ってくださっていて、お会いした際に『小説、最近どうですか』と声を掛けてくれたり。本当にいい人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る