塩田武士さん<4>対局に敗れた羽生善治がカラオケを熱唱

公開日: 更新日:

 2008年の王位戦、有馬温泉の旅館をワンフロア借り切り、羽生善治と深浦康市が対局していた。

「2日間かけて1局の勝負をするので、負けた時の精神的な負担は大きい。この時の敗者は羽生さんでした。対局後に開かれる食事会は負けた人も来るのですが、担当者は気軽に声も掛けられません。ただ、現場を知らない編集局の幹部は、励まさないといけないと思ってか、『羽生さん、カラオケ行きましょう』と声を掛けたんです。僕は血の気が引いたんですが、羽生さんは『ええ』とおっしゃいました」

 旅館内のカラオケルームに一緒に行った。

「負けたからでしょうか、『ギザギザハートの子守唄』と『津軽海峡・冬景色』を歌っていました。羽生さんの器の大きさを感じました。僕が将棋を題材にした『盤上のアルファ』でデビューしたことも知ってくださっていて、お会いした際に『小説、最近どうですか』と声を掛けてくれたり。本当にいい人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る