空腹に泣く赤ちゃんを見かね…お乳を与えた女性警官に喝采

公開日:

 病院に運び込まれた、おなかを空かせた赤ちゃんを放っておけず、自らの母乳を与え……アルゼンチンの女性警察官の愛情あふれる行為が共感を呼び、話題になっている。

 地元テレビ局クロニカ(16日付電子版)などによると、ブエノスアイレス市警のセレステ・アヤラ巡査(写真)は8月15日、同市郊外のベリソにある「修道女マリア・ルドビカ小児病院」を警備する任務に就いていた。

 すると、どこかから赤ちゃんの激しい泣き声が。泣き声の方に走っていくと、別の警察官が赤ちゃんを運び込んでいた。

 汚れて異臭を放っていたその赤ちゃんは、明らかに空腹の様子。指をしゃぶっていた。病院のスタッフらは、他の患者の対応に手いっぱい。赤ちゃんの面倒を見ることができなかったため、セレステさんは、病院の許可を取り、その場で胸をはだけて自らの母乳を与えた。おなかが満たされ、彼女に優しくあやされた赤ちゃんは、すぐに泣きやんだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る