• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高須基仁さん<1>プラレールを大ヒットさせた“逆転の発想”

 掛川市立第一小、同市立東中、県立掛川西高へと進んだ。

「掛川西高の同級生には毎日新聞会長の朝比奈豊がいます。『おまえ、よく東大に入れたものだなぁ』なんて冗談を言ってますが、彼はやはり断トツに頭が良かった。私は学年で3~5番目といったところかな。文武両道の校風から野球部も強くて、私の頃は戸塚能之(→早大)、鈴木憲行(→カネボウ)らで甲子園にも行っています」

 東京に出てきた高須青年は、おもちゃ売り場でアルバイトを始める。

「1966年当時、銀座松屋の5階には大きなおもちゃ売り場があって、そこで大学卒業まで働きました。ある日、オセロで有名なツクダ社長の佃光雄さん(当時50代=2007年死去)に呼ばれ、『面白い会社があるよ』と紹介されたのがトミーでした。当時、すでにプラレールは販売されていましたが、今ほど有名でなく、よくレールから脱線して子供たちには不評だった。この経験からトミーに入社してすぐ、『線路の溝を逆にしたらどうか』と提案してみました。レールが凸だから脱線するが、凹なら車輪が外れにくくなる。脱線しにくくなった結果、当時は丸いレールをグルグル回るだけだったものが、山や踏切も越えられるようになって、延長のレール部品だけでも売れるという相乗効果もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る