プロが解説 辛い物でビールを飲むともっと辛く感じるワケ

公開日: 更新日:

 まだまだ暑い。無性に辛い物が食べたくなる。東京・歌舞伎町で毎年開催される「激辛グルメ祭り」(9月17日まで)では、昨年12万人の来場者を記録し、今年はそれを超える20万人を見込んでいるという。

 激辛料理を食べ過ぎて口の中がヒリヒリ。慌てて冷たいビールを流し込む。ところが、口の中はクールダウンどころか、辛さが倍増! この現象はなぜ起きるのか。

 そもそも、どうして人は、暑い日に辛い物を食べるのか。エスビー食品のスパイス&ハーブマスター・遠藤由美さんに教えてもらおう。

「ひと口に“辛い”と言ってもさまざまな種類のスパイスがあり、感じ方のメカニズムが異なります。夏に食べたくなるのは、カレーのような唐辛子を使った料理。唐辛子に含まれるカプサイシンを体が求めているからです」

 カプサイシンには、交感神経を刺激して発汗を促す作用がある。食べた直後は体温が上昇するが、汗によって皮膚温度が下がる。結果的に涼しさを感じることができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る