プロが解説 辛い物でビールを飲むともっと辛く感じるワケ

公開日:

 まだまだ暑い。無性に辛い物が食べたくなる。東京・歌舞伎町で毎年開催される「激辛グルメ祭り」(9月17日まで)では、昨年12万人の来場者を記録し、今年はそれを超える20万人を見込んでいるという。

 激辛料理を食べ過ぎて口の中がヒリヒリ。慌てて冷たいビールを流し込む。ところが、口の中はクールダウンどころか、辛さが倍増! この現象はなぜ起きるのか。

 そもそも、どうして人は、暑い日に辛い物を食べるのか。エスビー食品のスパイス&ハーブマスター・遠藤由美さんに教えてもらおう。

「ひと口に“辛い”と言ってもさまざまな種類のスパイスがあり、感じ方のメカニズムが異なります。夏に食べたくなるのは、カレーのような唐辛子を使った料理。唐辛子に含まれるカプサイシンを体が求めているからです」

 カプサイシンには、交感神経を刺激して発汗を促す作用がある。食べた直後は体温が上昇するが、汗によって皮膚温度が下がる。結果的に涼しさを感じることができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る