プロが解説 辛い物でビールを飲むともっと辛く感じるワケ

公開日: 更新日:

 まだまだ暑い。無性に辛い物が食べたくなる。東京・歌舞伎町で毎年開催される「激辛グルメ祭り」(9月17日まで)では、昨年12万人の来場者を記録し、今年はそれを超える20万人を見込んでいるという。

 激辛料理を食べ過ぎて口の中がヒリヒリ。慌てて冷たいビールを流し込む。ところが、口の中はクールダウンどころか、辛さが倍増! この現象はなぜ起きるのか。

 そもそも、どうして人は、暑い日に辛い物を食べるのか。エスビー食品のスパイス&ハーブマスター・遠藤由美さんに教えてもらおう。

「ひと口に“辛い”と言ってもさまざまな種類のスパイスがあり、感じ方のメカニズムが異なります。夏に食べたくなるのは、カレーのような唐辛子を使った料理。唐辛子に含まれるカプサイシンを体が求めているからです」

 カプサイシンには、交感神経を刺激して発汗を促す作用がある。食べた直後は体温が上昇するが、汗によって皮膚温度が下がる。結果的に涼しさを感じることができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  10. 10

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る