• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンダム・久加亜由美さん 判定士として嗅ぐ体臭1日20人超

 臭気判定士という耳慣れない資格。実はれっきとした国家資格で、一般的には工場などの悪臭を判定するのが役目だ。お堅い資格のようだが、化粧品会社との関連は?

「香りや臭いの研究をするために臭気判定士の知識や方法論を活用しようと、弊社では2003年から社員の資格取得を進めてきました。現在、私を含めて7人の臭気判定士がいます」

 久加さんが、この資格を取ったのは、現在の基盤研究所に異動して3年後のこと。合格率2割程度と狭き門で、正直資格がなくても業務は果たせたが、「女性の私が取ることで、世の中の女性の臭いの悩みを少しでも解消できたら」との思いでチャレンジ。猛勉強の末、同社女性で3人目の臭気判定士となった。

 主な仕事は、体臭の官能評価。評価チームの監督をするとともに、自らも被験者の体臭を直接嗅いで、臭いのタイプや強さを評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る