• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高須基仁さん<5>少子化でオモチャの需要が減り続け残念

 写真はパリのシャンゼリゼ通り。1987年6月12日の日付が残っている。大きな買い物袋をぶら下げているのが、外資系玩具メーカー「マッチボックス・ジャパン」の社長をしていた頃の高須さんだ。

「掛川の田舎から上京して、銀座松屋のオモチャ売り場でアルバイトを始めました。憧れの銀座という街、しかも百貨店ですので、店員もきれいなお姉さんが多いだろうという下心もあった。そこで玩具問屋だったツクダ創業者の佃光雄さんと出会い、『高須、おもしろい会社があるぞ』と紹介されたのがトミーでした。アルバイト先が別であれば、また違った別の人生を歩んでいたかもしれません」

 人との出会いやタイミングで人生はどうにでも左右されるようだ。

「私が就職した昭和40年前後のオモチャ業界は、海外への輸出品の余り物を国内で売っているような時代でした。戸板商売といって、フーテンの寅さんみたいな人が縁日でオモチャをさばいていたイメージです。それがニクソン・ショックによって昭和48(1973)年に為替が変動相場制へ移行し、内需への切り替えが進んだ。幸いにして日本は第2次ベビーブームだったため、オモチャ業界は大いににぎわいました。少子化の今はあの時代に比べて売り上げは半分、需要は感覚的には10分の1くらいにまで落ちているように思える。とても残念ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る