高須基仁さん<5>少子化でオモチャの需要が減り続け残念

公開日:

 写真はパリのシャンゼリゼ通り。1987年6月12日の日付が残っている。大きな買い物袋をぶら下げているのが、外資系玩具メーカー「マッチボックス・ジャパン」の社長をしていた頃の高須さんだ。

「掛川の田舎から上京して、銀座松屋のオモチャ売り場でアルバイトを始めました。憧れの銀座という街、しかも百貨店ですので、店員もきれいなお姉さんが多いだろうという下心もあった。そこで玩具問屋だったツクダ創業者の佃光雄さんと出会い、『高須、おもしろい会社があるぞ』と紹介されたのがトミーでした。アルバイト先が別であれば、また違った別の人生を歩んでいたかもしれません」

 人との出会いやタイミングで人生はどうにでも左右されるようだ。

「私が就職した昭和40年前後のオモチャ業界は、海外への輸出品の余り物を国内で売っているような時代でした。戸板商売といって、フーテンの寅さんみたいな人が縁日でオモチャをさばいていたイメージです。それがニクソン・ショックによって昭和48(1973)年に為替が変動相場制へ移行し、内需への切り替えが進んだ。幸いにして日本は第2次ベビーブームだったため、オモチャ業界は大いににぎわいました。少子化の今はあの時代に比べて売り上げは半分、需要は感覚的には10分の1くらいにまで落ちているように思える。とても残念ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る