高須基仁さん<5>少子化でオモチャの需要が減り続け残念

公開日: 更新日:

 写真はパリのシャンゼリゼ通り。1987年6月12日の日付が残っている。大きな買い物袋をぶら下げているのが、外資系玩具メーカー「マッチボックス・ジャパン」の社長をしていた頃の高須さんだ。

「掛川の田舎から上京して、銀座松屋のオモチャ売り場でアルバイトを始めました。憧れの銀座という街、しかも百貨店ですので、店員もきれいなお姉さんが多いだろうという下心もあった。そこで玩具問屋だったツクダ創業者の佃光雄さんと出会い、『高須、おもしろい会社があるぞ』と紹介されたのがトミーでした。アルバイト先が別であれば、また違った別の人生を歩んでいたかもしれません」

 人との出会いやタイミングで人生はどうにでも左右されるようだ。

「私が就職した昭和40年前後のオモチャ業界は、海外への輸出品の余り物を国内で売っているような時代でした。戸板商売といって、フーテンの寅さんみたいな人が縁日でオモチャをさばいていたイメージです。それがニクソン・ショックによって昭和48(1973)年に為替が変動相場制へ移行し、内需への切り替えが進んだ。幸いにして日本は第2次ベビーブームだったため、オモチャ業界は大いににぎわいました。少子化の今はあの時代に比べて売り上げは半分、需要は感覚的には10分の1くらいにまで落ちているように思える。とても残念ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る