神原サリー
著者のコラム一覧
神原サリー家電コンシェルジュ

家電メーカーの新商品発表会見では不明点を徹底的に最後の1人になるまで質問する。また〝使って試す〟がモットー。事務所の家電アトリエには、掃除機、炊飯器、電子レンジなど新商品がズラリと並ぶ。顧客視点に立った解説は分かり易く、情緒的な表現も消費者の共感を呼んでいる。生活家電のみならず、美容や健康家電にも強い。テレビや雑誌出演も多く、業界で最も注目される一人。

保冷米びつ「ライスクール」酸化を防いで新米は新鮮なまま

公開日:

 そろそろ新米の季節。ふっくらとツヤツヤに炊けたごはんは、それだけでごちそうですね。でも、せっかくいいお米を手に入れても、常温で保存するとどんどん劣化して風味がなくなり、水分だって抜けてしまいます。冷蔵庫の野菜室で保存する手もあるけれど、すでに食材で満杯だから無理っていうご家庭の方が多いでしょう。

 そこで活用してほしいのが、この一台。エムケー精工の保冷米びつ「ライスクール」です。長野に本社を持つ同社は、ホームベーカリーや精米機などで知られる実直なメーカーさんです。

 一年中温度や湿気が高い日本のキッチンでも、新鮮なお米を新鮮なまま保存して、毎日おいしく食べてほしい――。そんな願いから生まれたこの米びつなら、酸化を防いで常温の約2倍も長持ちします。

 幅215ミリとスリムで、カラーはホワイトとレッドの2色展開。シンプルだけど、キッチンに置いて見栄えがします。6キロタイプのほかに、たっぷりサイズの11キロタイプも。いずれもお米の残量が約6合になるとLEDランプが点灯して知らせてくれる親切設計です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る