森永乳業「マウントレーニア」チルドカップコーヒーの先駆

公開日:

 エスプレッソと牛乳を混ぜて作る“カフェラテ”をいち早く商品化。1993年の発売以来、チルドカップコーヒー市場のトップを走り続ける、森永乳業の「マウントレーニア」に注目したい。

 おしゃれに持ち歩いて飲めるチルドカップコーヒー。そのパイオニアであるマウントレーニアは、今やおなじみのカフェラテで市場を切り開き、ヒット商品に成長した。

「93年当時、日本においてカフェラテはまだ知られた飲み物ではなかった。似たものとして普通のコーヒーと牛乳を混ぜたカフェオレがすでに定番としてある中で、“エスプレッソ&ミルク”は大きなチャレンジだった」(マーケティング開発部の柳迫さやか氏)

 きっかけは、コーヒー文化が根付く米国のシアトル。

 同社の社員が現地でカップ入りのカフェラテを飲みながら歩く人々を見て、「これだ!」となった。言うまでもなくミルクは得意分野で、チルドカップ飲料もすでに実績があった森永乳業だからこその気づきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る