森永乳業「マウントレーニア」チルドカップコーヒーの先駆

公開日:

 エスプレッソと牛乳を混ぜて作る“カフェラテ”をいち早く商品化。1993年の発売以来、チルドカップコーヒー市場のトップを走り続ける、森永乳業の「マウントレーニア」に注目したい。

 おしゃれに持ち歩いて飲めるチルドカップコーヒー。そのパイオニアであるマウントレーニアは、今やおなじみのカフェラテで市場を切り開き、ヒット商品に成長した。

「93年当時、日本においてカフェラテはまだ知られた飲み物ではなかった。似たものとして普通のコーヒーと牛乳を混ぜたカフェオレがすでに定番としてある中で、“エスプレッソ&ミルク”は大きなチャレンジだった」(マーケティング開発部の柳迫さやか氏)

 きっかけは、コーヒー文化が根付く米国のシアトル。

 同社の社員が現地でカップ入りのカフェラテを飲みながら歩く人々を見て、「これだ!」となった。言うまでもなくミルクは得意分野で、チルドカップ飲料もすでに実績があった森永乳業だからこその気づきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る