森永乳業「マウントレーニア」チルドカップコーヒーの先駆

公開日: 更新日:

 エスプレッソと牛乳を混ぜて作る“カフェラテ”をいち早く商品化。1993年の発売以来、チルドカップコーヒー市場のトップを走り続ける、森永乳業の「マウントレーニア」に注目したい。

 おしゃれに持ち歩いて飲めるチルドカップコーヒー。そのパイオニアであるマウントレーニアは、今やおなじみのカフェラテで市場を切り開き、ヒット商品に成長した。

「93年当時、日本においてカフェラテはまだ知られた飲み物ではなかった。似たものとして普通のコーヒーと牛乳を混ぜたカフェオレがすでに定番としてある中で、“エスプレッソ&ミルク”は大きなチャレンジだった」(マーケティング開発部の柳迫さやか氏)

 きっかけは、コーヒー文化が根付く米国のシアトル。

 同社の社員が現地でカップ入りのカフェラテを飲みながら歩く人々を見て、「これだ!」となった。言うまでもなくミルクは得意分野で、チルドカップ飲料もすでに実績があった森永乳業だからこその気づきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る