「湖池屋プライドポテト」 素材を厳選し40億円の売り上げ

公開日:  更新日:

 プレミアム路線のポテトチップスとして昨年2月に発売すると大ヒット。快進撃を続ける湖池屋の「KOIKEYA PRIDE POTATO」(以下=湖池屋プライドポテト)に注目したい。

 1962年の「湖池屋ポテトチップス のり塩」発売以来、日本産のじゃがいもにこだわってポテトチップスをつくり続けてきた湖池屋。日本のポテトチップスのパイオニアがその原点に立ち、老舗のプライドをかけて完成させたのが「湖池屋プライドポテト」である。

「2016年にコーポレートブランドの統合を実施したのがきっかけ。スナック菓子は価格競争により低価格化が進んでいるが、その割に販売個数が伸びていない。市場全体が低迷する中で考えたのは、価値を高めること。“新生湖池屋”の象徴となる第1弾商品として、創業時代の思いを持って、今できる最高のポテトチップスを追求した」(マーケティング部課長の野間和香奈氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る