• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“なめらか食感”で売り上げ5倍 グリコ「パピコ」進化の秘密

 江崎グリコの主力アイス「パピコ」が好調だ。季節に合わせた限定フレーバーを随時投入するなど、ラインアップの充実に加え、近年は「なめらか食感」をうたう大人向けのコミュニケーションが奏功し、過去最高売り上げの更新が続いている。

 2個並列のロケット型ポリ容器入りのパピコは、家族や友達と分け合って、チューチュー吸いながら味わえる個性派アイス。1974年に「ホワイトサワー」味で誕生した。

「いまも人気のフレーバーだが、当時は子ども向け。白色の氷菓は売れないといわれていたが、子どもが好きな乳酸菌飲料をアイスにすればイケるはずとあえて挑戦した」(アイスクリームマーケティング部ブランドマネジャーの梅林卓也氏)

 見事ジンクスを破って大ヒット。想定よりも幅広い層にウケたことから、「だったら大人向けも」ということで、77年には不動の定番「チョココーヒー」を発売する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る