“なめらか食感”で売り上げ5倍 グリコ「パピコ」進化の秘密

公開日: 更新日:

 江崎グリコの主力アイス「パピコ」が好調だ。季節に合わせた限定フレーバーを随時投入するなど、ラインアップの充実に加え、近年は「なめらか食感」をうたう大人向けのコミュニケーションが奏功し、過去最高売り上げの更新が続いている。

 2個並列のロケット型ポリ容器入りのパピコは、家族や友達と分け合って、チューチュー吸いながら味わえる個性派アイス。1974年に「ホワイトサワー」味で誕生した。

「いまも人気のフレーバーだが、当時は子ども向け。白色の氷菓は売れないといわれていたが、子どもが好きな乳酸菌飲料をアイスにすればイケるはずとあえて挑戦した」(アイスクリームマーケティング部ブランドマネジャーの梅林卓也氏)

 見事ジンクスを破って大ヒット。想定よりも幅広い層にウケたことから、「だったら大人向けも」ということで、77年には不動の定番「チョココーヒー」を発売する。

 当初はガリガリ食感。それもひとつのウリだったが、時代とともにニーズは変わる。98年、独自製法でなめらかな食感に進化を遂げると売り上げは急伸。以来右肩上がりで、直近15年間で約5倍に成長している。とくに2015年以降の伸びが大きい。注目である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に