口臭を防ぐ“泡ハミガキ” 花王「ピュオーラ」絶好調の理由

公開日:

 花王のオーラルケアブランド「ピュオーラ」は、ネバつき、口臭、歯肉炎などの“歯周トラブル”を予防すべく、ハミガキを中心に多彩なラインアップを展開。昨年は新設計のハブラシを投入して過去最高売り上げを記録した。そして今年は4月に、“泡”を舌に直接のせるという新提案で殺菌し、口臭を防ぐ「泡で出てくるハミガキ」を発売。早速好調な売れ行きだ。

 ピュオーラは2006年に、ハミガキと洗口液の2品を揃えて誕生した。

「歯周病の原因のひとつは、細菌が繁殖してできる“菌のかたまり”にあることを突き止め、その分散のために清浄剤エリスリトールを高配合。同成分にはサラサラ感、冷涼感もあることから、当初はまっさらな気持ち良さが一番の訴求ポイントだった」(パーソナルヘルス事業グループの多田佳祐氏)

 まさに“ピュア・オーラル”のピュオーラである。期待通りヒットブランドに成長したが、今の好調は15年からのこと。10年代に入ると機能性を明確にうたうハミガキが強さを発揮。それでも「気持ちいいハミガキ」で攻め続けた結果、売り上げは下降をたどり、戦略を見直すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る