池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

スーツには紐靴、営業は外羽根…革靴にもドレスコードが

公開日: 更新日:

「足元を見られる」という言葉があるが、まずはご自身の足元を見ていただきたい。キチンと手入れされているのは大前提だが、その靴は「ビジネススタイル」にふさわしい靴だろうか。「革靴なら何でも構わない」と思っているようでは意識が低い。クツはクチほどにモノを言う。 

 ビジネスには紐靴を履くのがマナー。とかく中高年になると、いちいち紐をほどいたり、結んだりする必要がなく、足入れも楽なローファーなど「スリップオンタイプ」を履きがち。だが、これらはカジュアル靴のカテゴリーになる。ビジネスマンの服装マナーとして、スーツにスリップオンタイプの靴は不合格。カジュアル靴は、休日の「ジャケットスタイル」に限定すべきだ。 

「紐靴を履いている」と言う人は、つま先を見て欲しい。特に模様や切り替えがなく、つるんと丸い「プレーントゥ」、もしくはつま先が一文字に切り替えられている「ストレートチップ」なら合格。つま先が曲線でW形に切り替えられ、「ブローグ」と呼ばれる穴飾りが施された「ウイングチップ」は“補欠合格”だ。穴飾りや切り替えの縁に「ピンキング」と呼ばれるギザギザの飾りがあるものは、傷がついても目立たないようにという「ワークシューズ」の名残で、室内でデスクワークをするビジネスマンには不要である。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る