• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

あえて「夏こそネクタイ!」がビジネスに勝つ秘訣

 クールビズだけでなく一年中、ノーネクタイのビジネススタイルが一般化したことで、「わざわざタイドアップする気になどなれない」という人は多い。

 そもそもなぜネクタイをするのか。その発祥は諸説あるが、「兵士の所属や階級、一族の家紋を表す目印であったスカーフに由来する」というのが有力だ。転じて現代では会社に所属するビジネスマンであることの表明であり、社会秩序への従属を表す印でもある。自身の身分を明かすことは相手への心遣い。ならばノーネクタイは、失敬と考えるのが当たり前。お詫び文を掲げて客に許しを請うより、潔くネクタイ姿で臨むほうが、人としての礼節にも足る。

 ネクタイはビジネスマンの証しであるとともに、襟元を結び、留めることで背筋が伸び、仕事への意識と心意気をも高めてくれるアイテムだ。ノーネクタイのライバルと差をつける意味でも、あえてクールビズにネクタイをすることをオススメしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る