池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

あえて「夏こそネクタイ!」がビジネスに勝つ秘訣

公開日: 更新日:

 クールビズだけでなく一年中、ノーネクタイのビジネススタイルが一般化したことで、「わざわざタイドアップする気になどなれない」という人は多い。

 そもそもなぜネクタイをするのか。その発祥は諸説あるが、「兵士の所属や階級、一族の家紋を表す目印であったスカーフに由来する」というのが有力だ。転じて現代では会社に所属するビジネスマンであることの表明であり、社会秩序への従属を表す印でもある。自身の身分を明かすことは相手への心遣い。ならばノーネクタイは、失敬と考えるのが当たり前。お詫び文を掲げて客に許しを請うより、潔くネクタイ姿で臨むほうが、人としての礼節にも足る。

 ネクタイはビジネスマンの証しであるとともに、襟元を結び、留めることで背筋が伸び、仕事への意識と心意気をも高めてくれるアイテムだ。ノーネクタイのライバルと差をつける意味でも、あえてクールビズにネクタイをすることをオススメしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る