池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

「ポロシャツビズ」がキマらない理由は襟のチョイスにある

公開日: 更新日:

 ビジネススタイルに先進的な企業では「ポロシャツ出勤」が認められているところも多い。実際、環境省におけるクールビズの服装要項にも、ポロシャツはアロハシャツとともに推奨されている。だが、さすがに賑やかなプリント柄は「遊び人風情」が過ぎる。「正装だから」とアロハシャツを推奨する、本場ハワイのお上のファッション観には、はなはだ疑問を禁じ得ない。ならばアラブの正装「カンドゥーラ」やスコットランドの伝統服「タータンキルト」も認めるべきだ。どちらもノーパンで着られるだけに、はるかに涼しい。

 話がそれたが、「ポロシャツビズ」である。ゴルフウエアのような派手な色柄のポロシャツは、さすがにオフィス向きでないことは誰にでも分かる。しかし手持ちのポロシャツを着てみたら、「何だか体育教師みたいで、おさまりが悪い」という声が少なからず漏れ聞こえてくる。社内には、ポロシャツのビジネススタイルをさっそうと着こなす社員がいるのに、「オレとおまえのポロシャツビズは一体何が違うのか?」と腹に据えかねている上司は少なくないハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  5. 5

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  8. 8

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  9. 9

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  10. 10

    “花王の暴れん坊”丸田芳郎の生き方は受け継がれているのか

もっと見る