池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

「ポロシャツビズ」がキマらない理由は襟のチョイスにある

公開日: 更新日:

 ビジネススタイルに先進的な企業では「ポロシャツ出勤」が認められているところも多い。実際、環境省におけるクールビズの服装要項にも、ポロシャツはアロハシャツとともに推奨されている。だが、さすがに賑やかなプリント柄は「遊び人風情」が過ぎる。「正装だから」とアロハシャツを推奨する、本場ハワイのお上のファッション観には、はなはだ疑問を禁じ得ない。ならばアラブの正装「カンドゥーラ」やスコットランドの伝統服「タータンキルト」も認めるべきだ。どちらもノーパンで着られるだけに、はるかに涼しい。

 話がそれたが、「ポロシャツビズ」である。ゴルフウエアのような派手な色柄のポロシャツは、さすがにオフィス向きでないことは誰にでも分かる。しかし手持ちのポロシャツを着てみたら、「何だか体育教師みたいで、おさまりが悪い」という声が少なからず漏れ聞こえてくる。社内には、ポロシャツのビジネススタイルをさっそうと着こなす社員がいるのに、「オレとおまえのポロシャツビズは一体何が違うのか?」と腹に据えかねている上司は少なくないハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る