池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

オーダーで安くて早くて確かなフィッティングを手に入れる

公開日:

 そろそろ秋の声が聞こえてきたので、スーツを新調することを考えても良い頃だ。ただ中高年ともなると、標準体形を基準に作られた既製スーツがフィットすることはマレで、ウエストを出したり、裾丈を詰めたり、お直しには費用とともに時間もかかる。秋物を注文したのに、届く頃にはもう冬ということも。そこで、最近は既製品と同等価格のオーダースーツが提供されているので検討したい。

 オンワードパーソナルスタイルが展開する「カシヤマ ザ・スマートテーラー」では3万円(税別)からオーダースーツが注文できる。しかも納期は最短で約1週間と、世界的にも類を見ない超短期だ。吊るしのスーツの裾丈修理を待つ日数と、ほぼ変わらない。初めての人はウェブサイトで予約を入れて店舗まで初回採寸に足を運ぶか、あるいは都合の良い場所にフィッターが訪問してくれるよう設定することができる。出張費用は無料。自宅でもオフィスでも首都圏はほぼ網羅しているので、大手企業の福利厚生で開かれる「出張販売会」のように仲間内で利用することができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る