師岡正雄さん<5>中途入社2か月でJリーグの開幕戦を実況

公開日: 更新日:

「東京に帰りたい」と九州朝日放送(KBC)を辞める決意を固めたとき、スポーツ雑誌で中途採用の広告を目にする。ニッポン放送がアナウンサーを募集していたのだ。

「この仕事ができたらいいなあって思ったんですが、見たのが締め切りの2~3日前。当時はネットでエントリーなんて時代ではなかったですし、応募には『当社規定の履歴書』が必要でした。つまり、有楽町のニッポン放送まで履歴書の紙を取りに行かなきゃダメだったんです。どう考えても間に合わない。それで、僕のことを知っているニッポン放送のスポーツ部デスクに相談したんです。そしたら速達で履歴書を送ってくれて、速達で返せと。人事にはワケを話しておくと言ってくれました」

 その間にKBCを退社。ニッポン放送の結果が出るまで、実家に戻ってブラブラしていた。すると、学生時代にバイトをしていた文化放送の知り合いからも連絡があり、「東京に戻ってるらしいね。ウチに来ない?」と誘われた。ただ、自分から履歴書を出した手前、「ニッポン放送で採用が決まったので」と文化放送には断りを入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る