夜の新宿や渋谷に出没“ピンク色バス”の正体を運営者に聞く

公開日: 更新日:

 東京の新宿、渋谷でピンク色のバスが現れる。止まったところでは、同じくピンク色のテントを広げるという。何ともドハデなバスだが、一体、何なのか。

 実はこれ、夜の街をさまよう少女たちとつながり、守るための巡回バス「Tsubomi Cafe」だ。運営するのは、困難を抱える10代の少女たちを支援する「Colabo」。車内では、無料で食事や飲み物が配られ、歯ブラシやコスメ、コンドーム、洋服なども提供され、スマホの充電もできるという。代表の仁藤夢乃さんが言う。

「夜の街に出てくる女の子たちには、親との関係が悪かったり、虐待を受けていたりして家に居場所がないケースがあります。貧困のため修学旅行費などを自分で稼がなくてはならないことも珍しくありません。彼女たちは、いろいろな事情を抱えて、夜の街をさまようのです。ところが、困っていても、相談機関があることを知らないのが大半です。大人への不信から、相談することに抵抗を感じる子もいます。そういう子たちに声をかけるのは、風俗産業に関わる大人たち。そこに取り込まれる前に、あるいは取り込まれている子たちにバスを利用してつながり、相談に乗ったり、場合によっては支援したりしたいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る