三冠馬誕生で注目 ロードカナロアは種牡馬勢力図変えるか

公開日:

 種牡馬勢力図が変わるかもしれない。そう思わせたのが、秋華賞を圧勝して3冠牝馬になったアーモンドアイ(写真)だろう。種牡馬ロードカナロアは、初年度産駒から歴史的な名牝を輩出。カナロア人気がグングン高まっていて、偉大な種牡馬ディープインパクトを超えるのではないかといった見方もあながち無理筋ではないだろう。

 競馬評論家の須田鷹雄氏が言う。

「日本競馬は、米国からサンデーサイレンスを導入したことで、その血を受け継いだ産駒が多くなり過ぎました。ディープインパクトの成功で、その流れに拍車がかかり、非サンデー系の種牡馬が求められていたのです。そこに登場したのが、ロードカナロア。サンデー系の繁殖牝馬には、とても相性がよく、カナロア産駒が増えるのは間違いありません」

 現役時代のカナロアは、香港を含めてGⅠ6勝と短距離王の名をほしいままにした。産駒は、アーモンドアイのように距離を克服できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る