“だる重”な気分がスッキリする お手軽「納豆」レシピ3連発

公開日: 更新日:

「整腸」と「美容」――これは、納豆の健康効果のうち、よく知られているもののトップ2だ。全国納豆共同組合連合会の調査では、整腸(42・3%)と美容(25・8%)で7割近くを占めた。

 ところで今、納豆の意外な健康効果が注目されているのをご存じか? それは「うつ」改善だ。

 国立精神・神経医療研究センター神経研究所の功刀浩部長らが行った研究で、次のようなことが明らかになった。うつ病患者127人を2群に分け、一方に抗うつ剤と葉酸、一方に抗うつ剤だけを投与。10週間後にうつ症状のスコアを調べると、「抗うつ剤と葉酸」群の方が、「抗うつ剤」群より、明らかにスコアが低下していたのだ。

 葉酸は、水溶性ビタミンのひとつ。これを多く含み、かつ日常的に手軽に取れるのが「納豆」というわけだ。

 横浜創英短期大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)は「精神の健康に関係するビタミンでもある葉酸を、気分が落ち込みがちの方は、意識して取るといいでしょう」とアドバイスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る