若い世代に人気 日本水産「スルッとふたSABA」誕生秘話

公開日:

 おしゃれなパッケージと簡単オープン設計、さらにはこだわりの製法で、2017年11月の発売と同時に大ヒット。ニッスイ(日本水産)のサバの缶詰「スルッとふたSABA(さば)」シリーズが絶好調だ。青缶の「水煮」に黄色の「みそ煮」、そして赤い缶の「味付」が揃う全3品。これまでのサバ缶のイメージをくつがえす「スルッとふたSABA」は、EPAやDHAを豊富に含むなど栄養価が高く、そのままでおいしいサバ缶を若い世代にもアピールしたい、そんな思いから誕生した。

「サバ缶の中心購買層は中高年の女性だが、近年は健康志向を背景にサバ缶人気が高まっていることから、ファン層を広げるチャンスと考えた。まずは手にとってもらうこと。ニッスイ独自の『スルッとふた』を採用し、デザインは従来にない斬新な発想でいこうと、ターゲット層にあたる若手女性メンバーに一任。サバのイラストとSABAの文字が映える原色のパッケージが完成した」(常温食品事業部長の外山邦彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る