若い世代に人気 日本水産「スルッとふたSABA」誕生秘話

公開日: 更新日:

 おしゃれなパッケージと簡単オープン設計、さらにはこだわりの製法で、2017年11月の発売と同時に大ヒット。ニッスイ(日本水産)のサバの缶詰「スルッとふたSABA(さば)」シリーズが絶好調だ。青缶の「水煮」に黄色の「みそ煮」、そして赤い缶の「味付」が揃う全3品。これまでのサバ缶のイメージをくつがえす「スルッとふたSABA」は、EPAやDHAを豊富に含むなど栄養価が高く、そのままでおいしいサバ缶を若い世代にもアピールしたい、そんな思いから誕生した。

「サバ缶の中心購買層は中高年の女性だが、近年は健康志向を背景にサバ缶人気が高まっていることから、ファン層を広げるチャンスと考えた。まずは手にとってもらうこと。ニッスイ独自の『スルッとふた』を採用し、デザインは従来にない斬新な発想でいこうと、ターゲット層にあたる若手女性メンバーに一任。サバのイラストとSABAの文字が映える原色のパッケージが完成した」(常温食品事業部長の外山邦彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る