日本コカ・コーラ「綾鷹」発売10年で販売数30倍の成功要因

公開日: 更新日:

“急須でいれたような、にごりの旨み”をうたう日本コカ・コーラの緑茶ブランド「綾鷹」が、発売11年目を迎えて元気だ。綾鷹本体の人気がますます高まる中、2月に「綾鷹 茶葉のあまみ」、6月に「綾鷹 ほうじ茶」、さらに9月は待望のトクホ緑茶「綾鷹 特選茶」を発売。早速、好調な滑り出しを見せている。

 綾鷹の誕生は2007年。競合ひしめく緑茶市場において、最前線で戦うには絶対的な特徴が必要で、じゃあそれは何かと考えた末にたどり着いたのが、“にごり”のある緑茶だった。

「当時、緑茶飲料はクリアな商品が主流だったが、急須でいれたお茶はにごっている。そこに目をつけた。緑茶は旨みと渋みと苦みのバランスが大事だが、もしかしたらにごりにこそ、決め手となる何かがあるのかもしれないと開発に着手。“にごりは旨み”を突き止めた」(マーケティング本部緑茶グループマネジャーの古池恵美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る