ヨガクリエーターのayaさんが「リセット食」と呼ぶ薬膳鍋

公開日: 更新日:

 モデルや女優も通う予約が取れないヨガクリエーターのayaさん(36)。月200本行うオリジナルレッスンは、女性だけでなく、男性経営者などのエグゼクティブ層からの支持も熱い。ハードな毎日だが、美と健康の秘訣は、「リセット食」にあった。

「食事は楽しむもの。お友達と外食をするときには、思いきり好きなものを食べています。だから普段、家ではリセット食です」

 スレンダーなボディーに、つるつるのたまご肌で、こう語る。

「内臓に負担のかからない食事ですね。それをリセット食と呼んでいて、家でよく作るのは、体を温めて内臓の働きも助ける薬膳鍋です。和風だしに、クコの実、ショウガ、ナツメグ、ハト麦に、季節の野菜や根菜類、キクラゲなどを入れて食べます」

 きっかけは1年ほど前、大学生として留学した薬膳大国台湾の薬局で漢方を購入したことだ。

「観光で滞在したわけではなかったので、継続して薬膳を食べることができました。そうしたら肌の透明感が増してきて、周囲の皆に、やたら奇麗だと言われるようになりました。ただ、そのままでは食べにくいので、和テイストにしています。飽きないように、塩麹や甘酒、豆乳を入れてアレンジします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る