元バトミントン代表の池田信太郎さんは日本食で銅メダル

公開日: 更新日:

 男子ダブルスで頭角を現し、2004年に日本代表入り。06年の全日本総合選手権で初優勝し、翌07年の世界選手権で日本人男子初の銅メダルを獲得した。ロンドン五輪(12年)にも出場し、15年に引退。現在は競技の普及を担う一方で、20年東京オリンピックの飲食戦略検討会議の委員を務めている。そんな池田信太郎さん(37)の活力となったのが、海外での日本食だ。

「マレーシアのクアラルンプールで開催された07年の世界選手権では、宿泊先の近くにあった日本料理屋さんに支えられましたね。確か名前は“旬”。1カ月ぐらい滞在しましたが、サンマやサバの焼き魚定食、肉じゃが、カレーなど日本にいる時と変わらない食生活をおくることができました。日本食でホッとした記憶もあります。おかげで調子もよくてメダルも取れましたし、食の力ってすごいと思いました。店の大将も応援をしてくれて、その日の報告とかたわいもない会話も、プラスになったんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る