配偶者居住権という“アメ”と相続税減免縮小という“ムチ”

公開日: 更新日:

 相続法が約40年ぶりに大改正された。目玉のひとつが「配偶者居住権」の創設。家の名義を持つ人が亡くなった場合、その配偶者は自分が亡くなるまでその家に住み続けることができる。一見、配偶者が保護されているように思えるが、税金の負担は別物だ。

■磯野家ではカツオが固定資産税を払う?

 漫画「サザエさん」の磯野家を例にとってみよう。磯野家は世田谷区に推定70坪の土地を所有しており、評価額は時価1億5000万円程度とされる。

 家主の波平さんが亡くなった場合、配偶者であるフネさんが家を相続すると、最低1億6000万円の「配偶者の税額軽減の特例」や土地評価額が8割オフの「小規模宅地等の特例」で相続税はほぼかからない。都会では、節税のために、このように配偶者が相続するのが一般的だ。

 ただし、漫画のストーリー上はあり得ないが、すでに独立したカツオやワカメとフネさんが折り合いが悪く、自宅売却を前提に財産分与を要求されたらどうか? フネさんは「配偶者居住権」を行使して家に住み続けるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る