配偶者居住権という“アメ”と相続税減免縮小という“ムチ”

公開日:

 相続法が約40年ぶりに大改正された。目玉のひとつが「配偶者居住権」の創設。家の名義を持つ人が亡くなった場合、その配偶者は自分が亡くなるまでその家に住み続けることができる。一見、配偶者が保護されているように思えるが、税金の負担は別物だ。

■磯野家ではカツオが固定資産税を払う?

 漫画「サザエさん」の磯野家を例にとってみよう。磯野家は世田谷区に推定70坪の土地を所有しており、評価額は時価1億5000万円程度とされる。

 家主の波平さんが亡くなった場合、配偶者であるフネさんが家を相続すると、最低1億6000万円の「配偶者の税額軽減の特例」や土地評価額が8割オフの「小規模宅地等の特例」で相続税はほぼかからない。都会では、節税のために、このように配偶者が相続するのが一般的だ。

 ただし、漫画のストーリー上はあり得ないが、すでに独立したカツオやワカメとフネさんが折り合いが悪く、自宅売却を前提に財産分与を要求されたらどうか? フネさんは「配偶者居住権」を行使して家に住み続けるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る