スタートまで2カ月 目玉の「配偶者居住権」は65歳が分岐点

公開日:

 明治に制定された民法の相続については、昭和になって4度改正されている。最後の1980年の改正から38年ぶりに今年7月の改正を受けて、来年1月から順次施行される。それでだれしも大きな影響を受けるのが、相続にかかわる新制度だ。スタートするまであと2カ月。改正のポイントを探る。

 相続する上でトラブルになりやすい“火種”のひとつが不動産、特に自宅だろう。現金なら相続人の数に応じて分割できるが、自宅は難しい。評価額や控除の状況によっては、自宅を売却して現金化せざるを得ないケースも珍しくない。そこで、新設されたのが配偶者居住権だ。

 東京FPコンサルティング代表で、ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「たとえば夫が亡くなり、相続人は妻と子供2人で、遺産は評価額4000万円の自宅と金融資産2000万円の合計6000万円とします。そうすると、妻が2分の1の3000万円、子供2人は1500万円ずつですが、妻は自宅を相続しただけで法定相続分を上回ってしまうのです。自宅の売却を考慮せざるを得ない上、基礎控除額(この場合は、3000万円+600万円×3人で4800万円)を超えた分の相続税が、それぞれにかかります。そこで、自宅の権利を『所有権』と『居住権』に分けて相続できるようにしたのが、配偶者居住権です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る