スタートまで2カ月 目玉の「配偶者居住権」は65歳が分岐点

公開日: 更新日:

 明治に制定された民法の相続については、昭和になって4度改正されている。最後の1980年の改正から38年ぶりに今年7月の改正を受けて、来年1月から順次施行される。それでだれしも大きな影響を受けるのが、相続にかかわる新制度だ。スタートするまであと2カ月。改正のポイントを探る。

 相続する上でトラブルになりやすい“火種”のひとつが不動産、特に自宅だろう。現金なら相続人の数に応じて分割できるが、自宅は難しい。評価額や控除の状況によっては、自宅を売却して現金化せざるを得ないケースも珍しくない。そこで、新設されたのが配偶者居住権だ。

 東京FPコンサルティング代表で、ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「たとえば夫が亡くなり、相続人は妻と子供2人で、遺産は評価額4000万円の自宅と金融資産2000万円の合計6000万円とします。そうすると、妻が2分の1の3000万円、子供2人は1500万円ずつですが、妻は自宅を相続しただけで法定相続分を上回ってしまうのです。自宅の売却を考慮せざるを得ない上、基礎控除額(この場合は、3000万円+600万円×3人で4800万円)を超えた分の相続税が、それぞれにかかります。そこで、自宅の権利を『所有権』と『居住権』に分けて相続できるようにしたのが、配偶者居住権です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る