マイカーの固定費は年間60万円 カーシェアで3分の1に圧縮

公開日: 更新日:

 来年10月1日に消費税が10%に引き上げられる。政府が野放図に借金を重ねてきたツケが、しれっと国民に回される格好だ。とても納得がいくものではないが、安倍1強の中、政策が変わる見込みは薄く、生活防衛は始めなければならない。今回は車について考えた。

 アラフィフ世代の記者が幼少期の頃、カー、クーラー、カラーテレビが「3C」と呼ばれた。自動車は生活必需品のひとつであり、中流階級の会員証でもあった。おかげで大人になれば買うのが当たり前という感覚を引きずってきたが、来年の増税で都市部のサラリーマンは平均6万円もの負担増になるという。一度、車がない生活について検討してみることにした。

 まずは手持ちの車を売るとしよう。記者は8年前にトヨタのプリウスを購入した。新車価格は200万円ちょっと。

 トヨタのHPで下取り価格をシミュレーションすると、47万円と出た。もっともこれは新車を買うのが前提の値段だろう。売るだけではもっと安くなる可能性が高いし、そもそもこの金額で売れるとも限らない。それでも数十万円が手元に残るとすれば、悪くない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る