池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

いざというときのための礼服を用意していますか?

公開日: 更新日:

 先ごろ、ノーベル賞が発表された。ストックホルムで開かれる授賞式に出席する受賞者は、厳格なドレスコードが義務付けられている。それは第一級の正礼装である。襟をシルクに切り替えた黒いえんび服(テールコート)と側章にシルクテープを入れた黒いトラウザーズ、胸にフリルが付いたウイングカラーのシャツ、白いちょうネクタイ、白いベストといった具合だ。タキシードは準礼装といって、えんび服の次席にあたるため、着用不可である。

 年に一度、いや一生に一度着るか、着ないかのえんび服をクローゼットに用意している人は限られる。先の受賞者の多くも、現地で礼装をレンタルするのが通例だ。大抵の人はクローゼットにブラックスーツを用意しているはず。黒いウールのスーツなら、冠婚葬祭あらゆるフォーマルシーンに着回せる。

 フォーマル用のブラックスーツは、ジャケットのポケットはフラップなし、裾はノーベント、パンツの裾はシングルでなければならない。慶事に限るならラペルをシルクに切り替え、シルクで包んだ一つボタンにする。シャツは白無地に限る。ネクタイは白、またはシルバーを。ポケットには白いリネンのチーフを差す。靴は黒いカーフの内羽根式ストレートチップを履く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る