池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

いざというときのための礼服を用意していますか?

公開日: 更新日:

 先ごろ、ノーベル賞が発表された。ストックホルムで開かれる授賞式に出席する受賞者は、厳格なドレスコードが義務付けられている。それは第一級の正礼装である。襟をシルクに切り替えた黒いえんび服(テールコート)と側章にシルクテープを入れた黒いトラウザーズ、胸にフリルが付いたウイングカラーのシャツ、白いちょうネクタイ、白いベストといった具合だ。タキシードは準礼装といって、えんび服の次席にあたるため、着用不可である。

 年に一度、いや一生に一度着るか、着ないかのえんび服をクローゼットに用意している人は限られる。先の受賞者の多くも、現地で礼装をレンタルするのが通例だ。大抵の人はクローゼットにブラックスーツを用意しているはず。黒いウールのスーツなら、冠婚葬祭あらゆるフォーマルシーンに着回せる。

 フォーマル用のブラックスーツは、ジャケットのポケットはフラップなし、裾はノーベント、パンツの裾はシングルでなければならない。慶事に限るならラペルをシルクに切り替え、シルクで包んだ一つボタンにする。シャツは白無地に限る。ネクタイは白、またはシルバーを。ポケットには白いリネンのチーフを差す。靴は黒いカーフの内羽根式ストレートチップを履く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る