池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

高級スーツの「お台場」や「本切羽」は何の意味もない

公開日:

 これまで何着かスーツをオーダーしたことがあり、多少なりともスーツについて詳しいと自負されている読者なら、「お台場仕立て」や「本切羽」という言葉を聞いたことがあるだろう。

「お台場」とは内ポケット周囲を表地と共地で仕立てることで、その張り出した生地の形状から名付けられた仕様。「表地をぜいたくに使うお台場は高級仕立てに違いない」と思い込んでいる人は少なくない。

 一方、「本切羽」はジャケットの袖ボタンを外せば袖が開くことをいう。購入時に袖丈を修理する際、「本切羽にしますか?」と聞かれるが、ここでも言われるままに従ってはいないだろうか。

 他にも、舟形の胸ポケット「バルカ」や、前面に硬い毛芯を使った「フルキャンバス仕立て」など、“高級スーツ”といわれる代名詞的用語はいくつもあるが、そのほとんどが「何の意味もない」ということをご存じだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る