プレナスvs大戸屋 和定食で親しまれるチェーン店対決

公開日: 更新日:

 定食屋や持ち帰り弁当は一人暮らしの男性には強い味方。最近では女性や家族の利用も当たり前になってきています。今回の損得はそんな「プレナス」と「大戸屋」の社員待遇を比較してみます。

 プレナスは1960年に太陽事務機として創業。福岡市に本社を置きます。ほっかほっか亭九州地域本部を設立し、フランチャイジーを行いますが、その後、ほっかほっか亭と対立し、2008年から「ほっともっと」を展開しています。和定食の「やよい軒」などのフランチャイズを運営し、国内外に3123店舗を保有しています。

 対する大戸屋HDは、1958年に池袋駅東口に大戸屋食堂を開店して創業。現在は東京・武蔵野市に本社を置き、457店舗を保有しています。最近、豊漁のため、さんま定食を値下げして話題になりました。

 前期の連結売上高はプレナスが1457億円、大戸屋が263億円。経常利益も53億円と7億円で、プレナスが上回っています。社員の給与はどうでしょうか。有価証券報告書によると、プレナス社員の平均年収は595万円、大戸屋が605万円です。大戸屋は平均年齢が6.7歳高くなっています。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、すべての年齢層でプレナスが上回ります。ただし、50歳でもその差は10万円ほどとわずかです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る