柿安本店vs木曽路 しゃぶしゃぶで有名な大手チェーン対決

公開日: 更新日:

 海外からの旅行客にも人気のしゃぶしゃぶ。今回の損得は、共にしゃぶしゃぶを提供する日本料理店を展開する「柿安本店」と「木曽路」の社員待遇を比較してみます。

 柿安本店は、1871(明治4)年、牛鍋店柿安として創業。三重県桑名市に本社を置く食品メーカーで、総菜の「料亭しぐれ煮」も有名です。精肉・総菜・レストラン・食品・和菓子の5事業を主要事業とし、炭火焼きステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶの「柿安」、和洋中レストラン「三尺三寸箸」、「炭火焼グリルカキヤス」などを運営しています。

 対する木曽路は、1950(昭和25)年に「まつば喫茶」で創業。名古屋市に本社を置き、しゃぶしゃぶの「木曽路」、串焼き・串カツの「素材屋」、焼き肉「じゃんじゃん亭」など今年3月時点で162店舗を運営しています。

 前期の連結決算は柿安本店が440億円、木曽路も同等の444億円。経常利益は27億円と23億円で、若干柿安が上回っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る