火葬直前に息を…死亡確認のインド95歳男性が蘇生するまで

公開日: 更新日:

 火葬する前で良かった! インドで死亡宣告された95歳の男性が、“遺体”を清めている際に息を吹き返し、話題になっている。

 インド紙「ザ・タイムズ・オブ・インディア(TOI)」(11月6日付電子版)などによると、この男性は、インド北西部ラージャスターン州ジューンジュヌの郊外に住むブダ・ラムさん。

 11月3日、自宅で胸の痛みを訴えて意識を失い、病院に搬送され、死亡が確認されたという。

 ブダさんの家族は、親戚に連絡を入れ、僧侶を呼び、葬儀を始めた。ブダさん一家が属するカーストの伝統に従い、親戚の男たちは剃髪し、火葬する前に遺体を清めるために胸に水をかけたところ……なんとブダさんの体が震え始めたのだ。

 それに気づいた家族らがブダさんをベッドに移すと、息を吹き返し、目を覚ました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る