ユダヤ教会11人射殺犯を診たユダヤ人看護師の正直な胸の内

公開日: 更新日:

 米ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で10月27日朝、男が銃を乱射し、11人が死亡した事件。容疑者のロバート・バワーズ(46)は警官隊と銃撃戦の末、負傷してアラゲイニー総合病院のER(救急救命室)に搬送された。

 その後、バワーズの治療に当たった外傷専門の男性看護師、アリ・マーラーさん(写真)がなんとユダヤ人で、しかも、父親がユダヤ教のラビ(指導者)であることが判明し、大きな話題になった。

 病院に搬送された時も「すべてのユダヤ人に死を!」を絶叫していたというバワーズを、マーラーさんをどんな心境で治療したのだろうか?

 子供の頃から反ユダヤ主義でイジメを受け、つらい思いをしてきたというマーラーさんは11月3日夜、「その時」の心境をフェイスブックに投稿した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る