五輪ボラは“外国人部隊”頼み 8万人応募も人手不足のなぜ

公開日:

 12月21日の締め切りまで1カ月に迫った東京五輪大会ボランティアの募集。応募者が目標の8万人に達したと、21日、組織委員会が発表した。しかし内実は、とても安心できる数ではない。

 組織委は、20日段階で大会ボランティアの応募者が目標として挙げていた8万人を上回る8万1035人となったことを発表。詳細なデータは、男女比が男性40%、女性60%。年齢層は10代が17%、20代が32%、30代が13%、40代が12%、50代が14%、60代は9%、70代以上が2%だった。10~20代が約半数を占めたのは、単位を人質に大学生を“学徒動員”したためとみられている。

 興味深いのが応募者の国籍だ。日本国籍56%、外国籍44%と約半数を外国人が占めている。組織委によると、過去の大会の事例では、実際に採用された外国人はボランティア全体の10%以下になることが多く、武藤敏郎事務総長も「日本語が不自由だと、十分に活動できるかというのは現実問題としてある」と漏らしている。8万人を達成したからといって浮かれている場合ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る