東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

公開日: 更新日:

 2020年の東京五輪のマラソンのスタート時刻は午前7時だが、日本医師会と東京都医師会は先月29日、1時間30分早め、午前5時30分にするべきだと東京五輪組織委員会に要望した。それに噛みついたのが、世界陸上や国内マラソン大会の運営に携わってきた日本陸上競技連盟顧問の帖佐寛章氏(88)だ。反論を聞いた。

■「医者の連中が分かっていないこと」

 ――医師会はスタート時間を5時半にすれば危険ではない時間帯にレースが終了する。それを過ぎると、暑さ指数(WBGT)のデータから、運動は原則中止の31度を超えると言っていますね。

「選手の健康面だけを考えれば5時半スタートは悪くない。医者だから健康を考えるのは当然だろう。だが、運営面はどうする?」

 ――大会を支えるスタッフや準備のことですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る