東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

公開日: 更新日:

 2020年の東京五輪のマラソンのスタート時刻は午前7時だが、日本医師会と東京都医師会は先月29日、1時間30分早め、午前5時30分にするべきだと東京五輪組織委員会に要望した。それに噛みついたのが、世界陸上や国内マラソン大会の運営に携わってきた日本陸上競技連盟顧問の帖佐寛章氏(88)だ。反論を聞いた。

■「医者の連中が分かっていないこと」

 ――医師会はスタート時間を5時半にすれば危険ではない時間帯にレースが終了する。それを過ぎると、暑さ指数(WBGT)のデータから、運動は原則中止の31度を超えると言っていますね。

「選手の健康面だけを考えれば5時半スタートは悪くない。医者だから健康を考えるのは当然だろう。だが、運営面はどうする?」

 ――大会を支えるスタッフや準備のことですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る