今年4度目の休場 横綱白鵬は東京五輪まで現役でいられるか

公開日:

 やはり、出場はかなわなかった。

 8日、横綱白鵬(33)が11月場所(11日初日)の休場を発表した。10月に右ヒザと右足首を手術しており、師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)は「まだ四股を踏める状態じゃない」と現状を説明した。

 途中休場を含めれば、今年は6場所中4場所で休場。皆勤したのは5月と優勝した先場所だけだった。

 過去、大きなケガをせず、歴代最多の幕内優勝41回を誇る白鵬だが、今回手術した箇所以外にも、近年は左ヒザ、両足の親指の負傷にあえいでいる。いずれも、昔の“バクダン”が顔をのぞかせているのである。ヒザや足の親指は、土俵でふんばる力士にとっては致命傷ともなりかねない。

 それでも白鵬には「2020年東京五輪の開会式で土俵入り」という夢がある。そのためには休場を繰り返しながら、何としてでも現役にしがみつく。幸い、稀勢の里が「8場所連続休場」の不名誉記録を更新したばかり。白鵬も彼に倣えと言わんばかりに、休場が当たり前になってもおかしくない。

 この日は鶴竜の休場も決定。一人横綱の稀勢の里が結果を出せば、ますます彼らモンゴル横綱の存在感が薄れる。

 東京五輪の頃には、「白鵬? まだ現役だったの?」なんて言われていそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る