ゴーン逮捕に占い師も「やっぱり」…持つ星が悪い方に出た

公開日:

 とんだ食わせ者か。東京地検特捜部に金融商品取引法違反で逮捕された日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者のことだ。

 仏ルノーから日産に乗り込み、2兆円に膨らんだ有利子負債を解消。グループの世界販売台数を世界2位にググーンと押し上げたことで、カリスマ経営者の地位を確立する。世界的なカリスマに祭り上げられたことで気が緩んだのか、自らの報酬を有価証券報告書に過少申告。チョロまかしたカネは50億円に上るという。

 申告額と合わせて、5年で100億円近いカネを受け取りながら、住宅取得費まで会社に肩代わりさせていたらしい。“申告の技術が、人生を面白くした”のかもしれないが、日産は完全に食い物にされた格好だ。クーデター説の真偽はともかく、引きずり降ろされても仕方あるまい。

 占い師のクリスティーン・デリコ氏は、ゴーン容疑者が持つ星に着目した上でこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る