上阪徹さん<1>伝説の売り上げを持つ店長にしごかれて…

公開日: 更新日:

■内定者だけでクリスマスパーティー

 当時はバブルの絶頂で空前の売り手市場。誘われるまま採用試験を受けてみると、あれよあれよとパスしていった。

「同期は一般職の女性も含めて80人ぐらい。入社前に呼ばれて会社に行ってみたら、みんな僕と同じようにアパレルに来そうなタイプでウマが合った。それで『内定者で集まったりする?』って盛り上がり、クリスマスパーティーもやったりして。春を迎える頃には相当仲良くなっていました」

 入社して3カ月は販売現場での研修だった。上阪さんは日本橋の東急百貨店の婦人服売り場でみっちりとしごかれた。

「店長は“伝説の売り上げ”を持っている厳しい人。いっぱい叱られました。休みの次の日の朝礼で『研修に疲れてきています』と挨拶したら、『あんた、きのう休んでたでしょ! 何疲れてんの!』って。おっかなかったなー」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る