小野員裕さん<1>長髪ヒゲ面で面接に臨んだ出版社に採用

公開日: 更新日:

 84年に就職したのは、「MG出版」というビジネス書系の出版社だ。

「バブルの足音が聞こえ始めた頃で、人文系の書籍も出すというので人手を探していました。その頃の私の風貌は長髪にヒゲ面でしたので、よくこの格好で面接を通したものだと今でも思っています。初任給は確か20万円ぐらい。毎日飲んでいたので、実家暮らしなのにお金は少しも貯まりませんでした」

 そこで、生涯の友となる編集者と出会う。そして、彼の転職に引きずられるような格好で「芸文社」に移籍する。 =つづく

(取材・文=加藤広栄/日刊ゲンダイ)

▽おの・かずひろ 1959年、北海道生まれ東京都練馬区育ち。国士舘大文学部卒。出版社勤務を経て、文筆業に転身。2001年に横濱カレーミュージアム初代名誉館長に就任。近著に「おうちで本格インドカレー」「東京の名店カレー 黄金色のスパイス51粒」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る