国交省が規制強化も…5人に4人はタイヤチェーンが巻けない

公開日: 更新日:

 正月休み、帰省や旅行に自動車を使う家庭も多いはず。だが、急な積雪に慌てることもある。

 国交省は、今年1月の大雪で首都高中央環状線の山手トンネルなどで車が立ち往生したのを教訓に、全国13区間においてチェーン規制の検討に入った。通行止めとなるような大雪の場合、タイヤチェーン装着車のみの通行を許可する方針だという。

 だが、チェーンといっても、ほとんどのドライバーが装着した経験がない。日本グッドイヤーによると、タイヤチェーン装着未経験者は2人に1人。きちんと「装着できる」と答えた割合は男女平均で22%しかおらず、女性に至っては6%と心もとない。それどころか、女性ドライバーの66%(男性18%)は、現在履いているタイヤが、夏用か冬用かさえ「知らない」というありさまだ。

 もちろん、装着できても、それが正しい場所に、正しく装着されていなければ意味はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る