• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フロアマット代用で脱出 車に積んでおくと役立つ雪の備え

 国道で1500台もが立ち往生するドカ雪では、車が数珠つなぎでほぼ停止状態なのだから、自分だけ移動するなんて諦めるほかない。かといって、停止したままでは一酸化炭素中毒のリスクを抱えてしまう。今回も福井県坂井市の山あいの国道で、軽自動車で雪に埋もれた男性(19)が、大雪でマフラーが塞がれ一酸化炭素中毒で命を落とした。

 さすがに、雪に埋もれて一晩過ごすことまでは想定しないだろうが、普段の運転でも何かしらの備えがあればイザという時心強い。たとえば……。

「田舎の実家から通勤している妹は、マイカー、といっても軽自動車ですが、冬は軍手、長靴、スコップを積んで走ってます。数年前、帰宅途中に吹きだまりに突っ込んで身動きが取れず、後続車に助けてもらった経験があるらしい。解氷スプレーも持ってると言ってました」(福島県出身の40代サラリーマン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る