“情報弱者”は大損する 修繕計画を管理会社に丸投げしない

公開日: 更新日:

 設備の保守点検や清掃など、日常の管理業務を管理会社任せにすると、不当に高い費用を吹っかけられる可能性があることを前回、指摘した。これは、「大規模修繕」にも同じことが言える。ただでさえ巨額の費用がかかるだけに、住民にとって“虎の子”の「修繕積立金」をふんだくられるような事態だけは避けねばならない。

 大規模修繕を計画する際の大まかな流れだが、住民らでつくる管理組合はまず、建物の劣化状況を診断する「設計監理者」を選定。その後、劣化状況に基づき、実際に工事する施工業者を公募する。つまり、住民は設計監理者と施工業者の2者を、複数業者の見積書や過去の実績を比較して選ぶ必要がある。そこに、利益にあずかろうと介入してくるのが管理会社なのだ。

「建設に関する専門知識や、見積書の数字を精査するスキルを持った住民がいれば別だが、大抵、管理組合は“素人集団”。その上、日々の生活も忙しい。管理会社は住民らに『私たちの方で大規模修繕計画を進めましょうか』などと提案、計画の主導権を握ろうとしてくるケースが多い。日常の管理業務を任せているからと、大規模修繕まで管理会社に任せてしまうと、高額費用を吹っかけられることになります」(不動産業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る