総工費10億円超えも…莫大な修繕費用を住民らは払えるのか

公開日:  更新日:

 あらゆる設備が“特注品”のタワーマンションでは、大規模修繕に莫大な費用がかかる。もちろん、負担するのは住民らでつくる「管理組合」だが、最悪、費用が高すぎて、毎月支払っている「修繕積立金」が不足してしまう事態もあり得るのだ。

 大規模修繕実務の無料サポートを行う「ボランティア・アビーム」を主宰する道川裕司氏はこう言う。

「総戸数が数百戸規模となる某タワマンでは、大規模修繕の総工費に十数億円を計上したといいます。1戸当たりの費用負担は200万円程度と想定されます。従来規模のマンションであれば80万~100万円程度でしょう。タワマンという特殊性の高い大規模修繕では、従来規模のマンションの2倍程度の費用がかかるとみられています」

 連載第1回でも紹介したが、タワマンにはフツーのマンションにはない特殊な設備が数多い。代表的なのが、エントランスやロビー付近に設置される「滝のようなオブジェ」やプールといった「水もの」。他にも、“セレブマンション”ならではのフィットネスジムや屋上展望ラウンジまで設けられているタワマンもある。これらの設備も当然、全て管理組合が維持管理しなくてはならない。費用を高騰させる原因が、フツーのマンションとは比べものにならないほど多いのだ。住宅ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る